• nilejapan

ナイル・ロジャース、2016年アイコン・オブ・ザ・イヤーを獲得



ナイル・ロジャース、2016年アイコン・オブ・ザ・イヤーを獲得 ファンクとポップの輝ける歴史の覇者、そしてコラボレートの名手である ナイル・ロジャースは、 この惑星上で最強の才能を彼のヴィジョンへ向けて注ぎ続けている。

多くのアイコン達と同様、 ロジャースの残した数多くの輝かしい経歴についても、もはや説明の必要はないだろうが 彼は2015年にグラミー殿堂入りを果たした。そしてプロデュース、アレンジ、作曲等 世界中でいつも音楽界の著名なアーティストと共演をし続けている。彼はダイアナ・ロスやエリック・クラプトン、と言ったアーティストと仕事を共にしており、さらに膨大な彼のヒット曲について少し紹介するなら、デイビッド・ボウイの「レッツ・ダンス」やマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」という曲のプロデュースを行った。そしていまや、ベスティバルのような大きなフェスには欠かせないアーティストになっており、さらに彼はそこで多くのファンを得続けているのだ。 20世紀と21世紀のアイコンと呼ばずにはいられないほど、 音楽シーンはナイル・ロジャースの作品とその影響力に彩られている。

ありがとう、ミスター・ロジャース。


情報元:GQ



0回の閲覧