• nilejapan

ナイル・ロジャース、Chicのニューアルバム’It's About Time'について語る



ナイル・ロジャースが25年ぶりのChicのニューアルバムについて発表した。その名も ‘It’s About Time’

彼のウェブサイトによるとバンドにとっては1992年にリリースした‘Chic-Ism’ 以来の新譜で、当初2015年の夏に発表する予定だったものの、2年スケジュールが後倒しになっている。

ニューアルバムのリリースを遅らせる事を余儀なくされた理由について、「今年は多くの人(偉大なミュージシャン達)が亡くなってしまった年に、人生の喜びについてのアルバムは発表できなかったんだ」とロジャースはその件について説明している。代わりにアルバム‘It’s About Time’は、シック誕生の40周年を迎える年、さらにNYの伝説的ディスコ Studio54のオープニングからも40周年を迎える、ちょうど同じアニバーサーリーの年でのリリースとなる。

彼の計画の詳細は、ロジャースのブログによれば「2017年、我々はStudio54へ敬意を評してディスコやクラブをテーマにしたワールドツアーを敢行する。アフターパーティでVIP感を味わって貰えるような内容だし、映像やシングルも発表する予定だ。そしてフルアルバムと一緒に【ビック・サプライズ】もね!」他にはプリンスとデビッド・ボウイの死から受けた影響について、ロジャースはメッセージを送っている。

「デビッド・ボウイの死から、(立ち直れないまま)今年はかろうじて進み始めた・・・ 僕は数多くのスーパースター達の数十枚のアルバムを手がけて来たにもかかわらず、ボウイと彼のアルバム‘Let’s Dance’ は僕のキャリアの中で頂点に立つ作品なんだ」と彼はブログで綴っている。 「プリンスが急逝して、雷に2度も撃たれたような、信じられない気持ちだった」と追記されている。

最新のローリング・ストーン誌のインタビューにおいて、ロジャースは‘It’s About Time’が暗黒の時代の希望になればと語っている。 「僕は極限を感じているんだ。ネガティヴをかき消すには、大量のポジティヴで覆い尽くすしかない。 君が壊れて行くのを止める方法はそれしかないんだ。小手先のやり方じゃだめなんだ。 僕たちのパーティー・イヤーとしての2017年を、君は全部体験しなくちゃ! めちゃくちゃに楽しい時間だよ。正気じゃいられないのさ。

情報元:NME


2回の閲覧