• nilejapan

伝説的ヒットメーカー、ナイル・ロジャーズとの会話 (以下はアメリカで発行されたESSENCE Magazine 2014年6月号に掲載された「Good Timesいい時代がそこに」という特集の抜粋記事



ファレル・ウィリアムズが今年(2014年)のグラミー賞受賞式で「偉大なるナイル・ロジャースに」と言って一礼をした時、世界中のあらゆる音楽好きはそのことに敬意を払うべきであった。ロジャーズはそのステージで、レコード・オブ・ザ・イヤーを受賞したダフト・パンクとの「Get Lucky(feat.ファレル・ウイリアムズ)」のパフォーマンスで人々を魅了しただけではなく、過去30年間、非常にたくさんの偉大ないる(さらに未だにサンプリングされ続けている)曲でコラボレートして来た。

ロジャース、彼は今は亡き、シックをスタートさせた時からのメンバーであったバーナード・エドワーズと共に、彼らのバンド、シックのアイコンとなるヒット曲の全てを書いてきた。「Le Freak」や「Good Times」に加えてシスター・スレッジの「We Are Family」や、ダイアナ・ロスの「I'm Coming Out」といった曲の数々である。さらにロジャースのプロデューサーとしてのソロ・ワークスにマドンナの「Like a Virgin」、デュランデュランの「 Notorious」デイビッド・ボウイの「 Let's Dance」等があり、それらは1980年代半ばにアルバムでリリースされている。 有名なこれらの曲はすべてロジャーズが手掛けたものであり、それはまるであらゆる要素が詰まったプレイリストだと読みとれる。プリンスはそんなロジャースの長年のファンであり、二人はロジャースが最近再びスポットライトの元へ戻って来たことや、後悔したことや音楽愛について語りあった。

プリンス:まず最初に、あなたがヒットチャートに返り咲いたこと、これは素晴らしいことでした。僕が最も憧れていることというのは、あなたとあなたのバンド、シックがやってきたことが間違いなかったということです。かつてあなたがヒットを飛ばした後、悪名高き「ディスコの死(という運動)」が起こりましたよね。しかし、あなたはそこから転がり落ちて消えてしまうどころか、ダイアナ・ロスやデュラン・デュラン、マドンナやその他多くのアーティストをプロデュースされていました。音楽制作におけるあなたのまごうことなき愛情の他に、なにがあなたを駆り立てているのでしょうか?

ナイル・ロジャース:「ディスコ・デモリッションナイト(1979年7月12日シカゴのコミスキーパークにて「ディスコ・ミュージックをぶっとばせ」というディスコのレコードを観衆に持ち寄らせ、地元ラジオ局のディヅクジョッキーが爆破する、という暴動まがいの騒ぎとなったイベント)」は確かにシックの終焉の促進剤だったね。だけど、音楽をプレイして創造していくことというのは、僕はこのことなしには生きていけないんだ。そういうものなんだよ。僕は常に芸術的追求というのもを信じてやって来たけど、端的に言うと、僕はとにかくそうするのが大好きなんだ。

プリンス:今は亡きバーナード・エドワーズと一緒にシックを始める前、どんな音楽的活動をされていたのですか?

ロジャース: ある期間、セサミ・ストリートのツアー・バンドに参加した後、NYのアポロ・シアターでハウスバンドをやっていたんだ。僕はバーナードに出会って…今は安らかに眠ってくれていることと思うけど、彼とチトリン・サーキットのギグを急きょやってのけた。それはバッファロー、ニューヨークからテキサスへ行った一連のR&Bのクラブ・ツアーだったんだけど、一番最初のギグをやった時から、僕たちは一緒にプレイ出来るかを確かめる為に、出来ることは全てやってみた。その二年後にトニー・トンプソンに出会ったんだ。彼も今は天国で安らかにしていてくれてるよ…、トニーはちょうど、LeBellというバンドのツアーから去って来たばかりだった。それで僕はトニーを僕らのバンドへ連れて来たんだ。それがビックアップル・バンドになって、後にシックになったという訳さ。

今からはるか昔のその時、シックの女性シンガーとしてノーマ・ジーン・ライトと活動をスタートさせ、その後彼女の友人のルーシー・マーティンが加わった。かつての僕らのバンドのバックコーラスだったルーサー・ヴァンドロスと一緒に歌っていたアルファ・アンダーソンとも一緒にやるようになった。そうなんだ、ルーサー・ヴァンドロスは僕がその一年前にプレイしていたバンドで僕のボスだった。アルファとルーシーはかつてのシックの面々をすごく思い出させる女性ボーカリストだね。

情報元:ESSENCE


12回の閲覧

  We're making it funky with Nile Rodgers and CHIC.

 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
サイトMAP

・アーカイブ

 →バイオグラフィ

 →ディスコグラフィ

・メンバー

 →ツアーメンバー

 →メンバーリスト

 →メモリアル

ニュース

ビデオ

グッズ

リンク

・ライブ

 →ツアーデータ

 →フォト

 →イベント

 →来日特設ページ

・フィーチャーズ

 →トーク アバウト ナイル・ロジャース

 →

【サイトインフォメーション】
Copyright (C) 2016 CHIC FREAKS. All Rights Reserved.