プロデューサーとしてのロジャーズ&エドワーズ及び個性的なリズム・セクションとしてのシークが大きく注目されたのは本作からといえるだろう。

 しかし、二人が提出したマスターに対し「ダイアナがシークのメンバーになったみたいだ」と感じたロス側のスタッフは、バックを控えめにリーミックスし、ラフさや緊張感を重視して敢えてテイクを重ねなかった歌も丁寧に歌い直させた。ミックスの最終的な決定権はロス側が持つ話になっていたのでやむを得なかったとはいえ、ロジャーズは自分達のプロデューサー・クレジットの削除を求める程に落胆したという。今世紀に入り商品化されたオリジナル・シーク・ミックスと聴き較べるとその無念さも理解出来よう。

 以上の経緯もあってか本作の発売は遅れ、シークの新作 "Real People" と時期が重なった。そのせいで・・・(→Real Peopleの項参照)。